口臭予防は口と腸から

口臭予防は口と腸から

年をとるにつれて、だんだんと口臭が気になってきたので自分で色々な対策をしてみました。

一番初めに口臭の原因として疑ってみたのは 歯周病ではないかという点です。歯茎の腫れが気になっていましたし、一度歯医者へと行ってみました。

診断の結果、軽い歯周病でしたので適切な治療を行ってもらいました。歯医者で聞いてみると歯周病が口臭の原因にもなるため、定期的に思考や歯石を取ってもらうことが大切だとわかりました。

そして自分でできる予防としてデンタルフロスや、マウスウォッシュを使用するとさらに効果的であると勧められました。

デンタルフロスを使うと食べ残しをすぐに取ることができるのと、マウスウォッシュは専用のものを使用しなくても家にあるもので代用出来るとわかりました。

マウスウォッシュは水に重曹を入れたもので、うがいをしてあげるだけで効果抜群です。口の中の家の臭いを取り除くことができ、しかも簡単にできるので予防の一つとして定期的におこなっています。

口の中だけでなく口臭を発するのは、腸の場合もあるようです。腸内環境が良くなければガスが溜まり、それが悪臭の元として口臭となってあらわれるのです。

腸内環境を良くするためによく知られているのは、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂取することです。

積極的にヨーグルトなどを摂取し、腸内環境をよくするためにつとめてみると、気になっていた口臭もすっかり無くなりました。口の中と腸内環境のダブルケアすることにより予防することができたと実感しています。

↑ PAGE TOP